症例ブログ

【眼科】水晶体前方脱臼の術後経過 〜実際に受診された子たちと眼の病気の紹介⑥〜

眼科特診ブログ⑥です! 

皆さん、こんにちわ。

 

りんごの樹動物病院、勤務医のコムラです。

 

今回から11月に来た子たちのご紹介をしていきたいと思います。

 

今回は、先月に手術した子の経過チェックです。

 

途中でちょっとアクシデントもあったため、

 

その事も少しお話ししてみます。

チワワの子の水晶体前方脱臼

9才のチワワの子です。

 

先月に水晶体前方脱臼でオペをした子です。

 

りんごの樹動物病院 | 愛知県安城市の動物病院です
右眼

こちらは水晶体が残っている方の眼です。

りんごの樹動物病院 | 愛知県安城市の動物病院です
左眼

こちらが水晶体を摘出した方の眼です。

左眼濁りも大分薄まってきましたね。

 

それによって眼底血管などの組織が

 

右眼と比べてかなりくっきり見えているのが分かります。

 

まだ術創(切開し縫合した所)の部分は

 

少し濁りが残っていますが、

 

本人はいたって元気にしており、

 

眼もパッチリ開いているので

 

経過としては順調で良かったです。

 

りんごの樹動物病院 | 愛知県安城市の動物病院です
こちらは…

実は左眼の手術をして退院した次の日

 

目薬を嫌がって頭を強くぶつけてしまい、

 

縫合した糸がひとつ外れるというアクシデントがありました。

 

あわや縫い直しになってしまうかも…

 

という状況でしたが、

 

幸い他の縫合糸がしっかりしてくれていたので

 

目薬無しで飲み薬のみ長めに継続

 

という形で問題ありませんでした。

 

しかし、手術して退院したらもう大丈夫、

 

そんな訳にもいかないこともあるんだと

 

と痛感させられた一件でした。

 

しっかり術後のフォローアップもしていかなきゃと思います。

 

それでは、また次回に。

担当医

りんごの樹動物病院 | 愛知県安城市の動物病院です

滝山 直昭

Naoaki Takiyama

獣医師 / 医学博士 / アジア獣医眼科専門医 / アジア獣医眼科学会(AiSVO) /

アジア獣医眼科専門医会(AiCVO)Secretaryアジア獣医専門医協(AiBVS)Treasurer / 日本獣医眼科カンファレンス理事

▼プロフィール等はこちら

https://case.appleah.com/ophthalmology/

動物の種類から症例を探す

専門医から症例を探す

専門科から症例を探す

最新の症例ブログ

 私が書いた記事