症例ブログ

【眼科⑯】眼科特診を受診した子たちの紹介「涙が多い」

実際に眼科特診を受診された子たちの紹介

皆さん、こんにちは。

りんごの樹動物病院、勤務医のコムラです。

今回も眼科特診を受診した子をご紹介していきます。

りんごの樹動物事例紹介・セカンドオピニオン情報 | 愛知県安城市の動物病院です
右目
りんごの樹動物事例紹介・セカンドオピニオン情報 | 愛知県安城市の動物病院です
左目

今回の子は、

涙が多いとの主訴で受診されました。

動物病院では非常に多く聞かれる悩みですね。

どちらの写真も、

目頭の被毛が濡れているのがわかりますね。

この子の眼をもっと近くで観察してみると…

りんごの樹動物事例紹介・セカンドオピニオン情報 | 愛知県安城市の動物病院です
右目の目頭
りんごの樹動物事例紹介・セカンドオピニオン情報 | 愛知県安城市の動物病院です
左目の目頭

どちらの目にも、

目頭の皮膚から伸びるが入り込んでいるのが確認できました。

毛細管現象と言って、

習字などで筆先についた墨汁が吸われていくように、

が目頭の皮膚から伸びたに吸われていってしまう。

そのことで涙が増えたり

目頭の被毛の涙焼けの要因となりえるんです。

りんごの樹動物事例紹介・セカンドオピニオン情報 | 愛知県安城市の動物病院です

 

 

ちなみに、

眼の表面にある角膜の傷を調べるときなどに、

よく使われるフルオレセイン染色は、

涙の流れを観察するためにも有用です。

・涙が多い

・目やにが多い

・涙焼けが気になる

などは、

動物病院でよく聞く相談です。

今回の子にもあったような要因は、

小型犬が多い日本において、

遭遇することの多い問題だと感じます。

「うちの子も涙焼けが…」

なんて思っている方がいたら、

一度動物病院へ相談してみてくださいね。

 

それでは、また次回に。

専門医

りんごの樹動物事例紹介・セカンドオピニオン情報 | 愛知県安城市の動物病院です

滝山 直昭

Naoaki Takiyama

獣医師 / 医学博士 / アジア獣医眼科専門医 / アジア獣医眼科学会(AiSVO) /

アジア獣医眼科専門医会(AiCVO)Secretaryアジア獣医専門医協(AiBVS)Treasurer / 日本獣医眼科カンファレンス理事

▼プロフィール等はこちら

https://case.appleah.com/ophthalmology/

動物の種類から症例を探す

専門医から症例を探す

専門科から症例を探す

最新の症例ブログ