症例ブログ

眼科特診ブログ 〜実際に受診された子たちのと眼の病気の紹介④〜

眼科特診ブログ④です! 

皆さん、こんにちわ。

 

りんごの樹動物病院、勤務医のコムラです。

 

今回も10月に来た子たちのひとりをご紹介します。

 

今回は、新しくワンちゃんやネコちゃんを飼い始めた方々にも

 

注意してもらいたい内容となっています。

ミニチュア・ダックスフンドの子の外傷

1才のダックスちゃんです。

 

今回は、1年前に手術した眼の経過チェックで来院されました。

 

何の手術かと言うと、

 

外傷です。

 

目に限った事ではありませんが、

 

子供の頃のチャカチャカして落ち着きがない時期に

 

病院に来る理由でやっぱり、多いな~と感じます。

画像

右眼
左眼

どちらの眼がついていたか分かりますか?

もし分かる方がいたら、恐らく眼について相当知識のある方なのでしょう。

ちなみに僕は分かりません。

正解は「左眼」でした

これは1年前のこの子の左眼の画像ですが、

眼の内側がうっすら白くなっているのが分かるでしょうか?

ここに実はバラの棘が刺さっているのです。

お庭ではしゃいでいたら花壇に頭を突っ込んでしまい、

眼に棘が深く刺さってしまったとのことでした。

今年の10月の眼科特診の時の左眼です。

……はどこですか?という感じですね。

この画像の真ん中辺り(棘が刺さっていた部分)に

ぼんやりと白くなっている部分があるんですが、

これは角膜を通り越して水晶体についている傷跡なんです。

 

若くて元気な子ほど

 

好奇心旺盛で、エネルギーが有り余っているからこそ

 

こんな風に思いがけずケガをしてしまうことがあります。

 

この子の場合、角膜についた傷までであれば

 

1年経ってまでまた検査をする必要はありませんでしたが、

 

棘が深く刺さり、水晶体まで傷がついてしまったため、

 

注意が必要でした。

 

というのも、水晶体についてしまった傷は

 

後に白内障を引き起こしてしまう可能性があったからです。

 

幸いこの子は、濁りの拡大もなく経過順調で

 

元気に帰って行きました。

 

ちなみに、

 

最初の2枚の右眼左眼の写真で

 

光を当てているのに右眼と比べて左眼の瞳孔が開いている

 

この事に気づけた方はいましたか?

 

これは傷ついた水晶体の傷がかなり内側にあるため

 

瞳孔を開く目薬を垂らして検査していたからなんです。

 

これに気づけた方はすごい観察眼を持っています!

 

それではまた、次回に。

担当医

滝山 直昭

Naoaki Takiyama

獣医師 / 医学博士 / アジア獣医眼科専門医 / アジア獣医眼科学会(AiSVO) /

アジア獣医眼科専門医会(AiCVO)Secretaryアジア獣医専門医協(AiBVS)Treasurer / 日本獣医眼科カンファレンス理事

▼プロフィール等はこちら

https://case.appleah.com/ophthalmology/

動物の種類から症例を探す

専門医から症例を探す

専門科から症例を探す

最新の症例ブログ

 私が書いた記事